MAN-TO-MAN
 ・・命の時間を交換するとき・・


 時間通貨のシミュレーションから

時間通貨のさわやか財団のシミュレーションを見てみます。

 近所に住む同志がちょっとしたことを気軽に頼めたり、頼んだりする地域社会があります。
この頼んだり、頼まれたりするシステム管理がNPO法人です。

 まず、人をその希望とその能力二つに分けます。「してほしい」ことと、「できる」ことです。

人の名 能力・環境 してほしいこと できること
ジョンさん 外国人 俳句を習いたい 英会話教えます
魚富さん 魚屋さん 旅行にでかけるので猫を預かって 魚のさばき方教えます
野原くん 大学生 サッカーのワンポントコーチ
さやかちゃん 小学生 算数教えて 肩たたきします
田中さん お婆ちゃん 怪我したので買い物、肩もんで ペット預かり
原田さん OL 魚料理、子供預かって パソコン教えます、買い物
中井さん 主婦 夕食の献立提案して 子供預かります
井上さん お爺ちゃん 海外旅行の英語を教えて 将棋と俳句を教えます
翼くん 小学生 サッカー、将棋
上野さん サラリーマン バソコン教えて 算数なら教えます


 この時間通貨の活用する際、その特殊な条件があることに気づきます。

 まず時間通貨の交換は、「してほしいこと」と「できること」を二つに分けて、それを合わせることです。これは物々交換通貨でも同じです。需要と供給を合わせるのが経済活動ですから。消費者と生産者が交流することです。そこでもし、需要が多く供給が少なければそのモノは高くなり、需要が少なく供給が多ければそのモノは安くなります。

 では時間通貨ではどうでしょうか? 時間通貨の場合は商品というモノではなく、人の労働というサービスが中心になります。そのサービスもまた、してほしいことと、できることのバランスに関係します。もし、してほしいことが多く、できる人が少なければ、そのサービス価値は高くなり、逆に、してほしい人が少なく、それができる人が多ければ、そのサービスは安くなります。

 そのため、サービスを物々交換貨幣に変換されると、同じサービスであっても、高額と低額の差がたくさんでてくるのです。これは能力の差だけではなく、その時その場その人によって大きくその差が開きます。

 そのサービス金額の差は、ありがたさなどの心の度合いにも関係します。してほしい人が多くできる人が少なければ、それができた人はとても感謝されますが、してほしい人が少なくできる人が多ければ、それができた人はいくらか感謝されます。これは運不運の関係もこの「してほしい」人と「できる」人の数の多少で決まってくるのです。

 例えば、

「野球を教えてほしい」人と「野球を教えることができる」人をマッチングするとします。

 そこは田舎で、野球をしたい子供はたくさんいても、野球を教えてくれる人がいないとき、たまたま学校の体育の先生に、元プロ野球の選手が赴任してきたら、その子供たちにとっては、その新任の先生はとてもラッキーな人になります。

 もしサッカーがしたい子供たちが多い小学校に元プロ野球の選手が赴任したとしたら、子供たちにとって、元プロサッカー選手ではなかったので、その先生はアンラッキーな先生になってしまいます。

 次に、もし野球ができる人がヤンキースのゴジラこと松井秀喜さんだったらどうなるでしょうか?

 田舎の小学校に野球をしたい子供たちがたくさん集まってくるでしょう。そして、そこで野球を教えてもらえる子供は超ラッキーな子供たちになります。でも、いくら松井秀喜さんでも、アフリカの野球を知らなく、松井秀喜さんの能力も知らない子供たちにとっては、運不運は関係ありません。普通の人にすぎません。


 このように時間通貨でも、「してほしい人」と「できる人」とを単にマッチングするだけでは、現通貨の損得、運不運という差を大きくするだけです。時間通貨はサービス関係が中心ですから、損得というよりも、運不運に関係してくるのです。これでは、命の時間交換になりません。その効果も期待できません。

 それでは、「してほしい人」と「できる人」の度合いに関係なしに、マッチングできる方法はなんでしょうか?損得なしに、運不運なしにマッチングするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 命の時間交換は 1:1 しかできません

 私たちの命は一つであり、また生きられる一定の寿命の時間も数十年と決まっています。そのため、命の時間を交換する場合は、一人と一人の間だけです。もし、二人から二倍の命を時間をいただいても、寿命の倍は生きられません。命の時間交換はお互いに精一杯助け合って限られた寿命を使いはたすことなのです。


 先の「野球を教えてほしい人」と「野球を教えることができる人」は1:1の関係の場合は命の時間交換ができます。でも、「野球を教えてほしい人10人」と「野球を教える人1人」という関係や、その逆の「野球を教えてほしい人1人」と「野球を教える人10人」では命の時間交換ができません。

 これを時間通貨を使って、説明すると、

 野球を教えてほしい人がもし1時間教えてもらったら、1ありがとう通貨を支払わねばなりません。そこで、もし、10人が同時に1時間野球を一人の人の教えてもらったら、各自1ありがとう通貨を支払わねばなりません。すると、教えた人は1時間で10ありがとう通貨を受け取ることになります。

 でも、これはありがとう通貨では意味がありません。時間通貨のルール違反ということもできます。教えた人は1時間しか教えていないので1ありがとう通貨しか受け取れません。もしこれを時間通貨で結果的に10人に教えるとしたら、1人の代表が野球を教えてもらい、その他の9人はただ観ていることになります。または、各自1時間すつ全員にワンツーマンで教えたら10時間になって、合計10ありがとう通貨を受け取ることができます。

 つまり、時間通貨はいつでも1:1のMAN-TO-MAN(マンツーマン)で教えることが基本になります。

 もし、野球理論を10人に同時に1時間教えたら、先生は1ありがとう通貨だけうけとるので、生徒は10分の1ありがとう通貨を支払うといういうシステムが考えられます。でも、それは現通貨では可能ですが、ありがとう通貨では命の時間交換を基本とするために、常に教える人も習う人も同格の扱いを受けることになるので、それはできません。

 また、どんなに同時に「1:多」の関係で教えることができたとしても、それは本当に愛のある、心のこもった教え方にはなりません。

 ありがとう通貨は命の時間交換なので、たとえ、野球理論を教えるだけであっても、それを学ぶ人はみな能力も環境も違っています。小学校1年の人も大学の先生もいるのです。学ぶ人に合わせた教え方がされるのがよりよい教え方であり、もっと親切であり、愛がこもっています。時間通貨は別名愛の通貨とも言われています。

 そのため、たとえ、10人の野球理論を教えるとしても、代表の一人を選び、その人のためだけの授業をすることが基本になります。その他の人はただ無料で聞くことができますが、質問することはできません。質問は代表者だけです。そして、マンツーマンで、先生はその代表から、1時間1ありがとう通貨を受け取ることができ、その他の9人からはありがとう通貨を受け取ることはできません。

 この野球を多人数の教えるという事例は、ありがとう通貨だけではとても不便です。現通貨も併用すると、それがさらに調和がとれた、しかも内容あるものにすることができます。

 授業の内容はマンツーマンですが、そこに集まって一緒に学ぶ人からは現通貨制度において、お金を徴収するのです。そうすることによって、松井さんも多くの金額が集まり、さらに多くの人を同時に教えることができるでしょう。

 そして、個人授業はありがとう通貨を使えばさらに愛のこもった授業ができることでしょう。



 スターはどのようにしてつくられるか

 人が生まれるときは、男女が1;1の一組で生まれます。そして、夫婦は一夫一婦制が一番調和がとれる生活ができます。

 一夫多妻や一妻多夫の場合は、昔の王様がそうでした。今でも、それが許される社会では権力者や大金持ちがそのシステムをとっています。

 この関係はスターとそのファンの間の関係でも見られます。ファンが多ければ多いほど、そのスターは愛されるし、有名になります。

 「1:多」 の関係は上下関係の表れになってくることがわかるのです。それは能力の差や環境の差とも関係してきます。

 命の時間の交換は 1;1 であるために、上下関係も能力の差があまりありません。

 この1:多はたくさんの事例でその権力の強さも表すことができます。

 大きな会社は社長1:社員10000人となれば、かなりの権力も、お金ももっているともいえます。
 それはどんな団体でも宗教でもいえるのです。

 一体、こうした1:多の関係はどのようにして生まれるのでしょうか?

 これは、先の野球を教える例を見てみます。

 ヤンキースの松井秀喜さんのファンは多いですから、もし、野球を1時間教えるといったら、多数の人が集まります。そして、みんなから1時間分の現通貨をもらいます。

 2万人集まったとして、一人1時間1000円ずつ松井さんが 受け取れば松井さんは2000万円手にすることができます。これは、スターのコンサートチケットでも同じ原理です。

 会社組織はピラミッド組織のために、下からの労賃をピンハネする構造だとも言えます。上役になるに従ってピンハネ率が上がり、社長は社員全員の労賃からいくらかピンハネして一番多い給与になっていきます。

 現通貨の場合は人が、1:多の関係になっていますが、時間通貨は人が常に1:1の関係になっているのです。そのため、時間通貨はみながスターということになっていきます。

 ナンバーワンを目指すのは現通貨制度であり、オンリーワンを目指すのは時間通貨制度になってくるのです。




 One for all. All for one.

 ありがとう通貨が1:1 に対して、現通貨は 1:All の関係だと思われます。

 このすべて(ALL)という場合、いくらでも無限に拡がるのではなく、ラグビーだったら、自分が所属するチーム全体の意味があります。One for all. All for one.というのは、こうしたチームプレイをよくしていく結束力に使われます。

 この1:Allの関係には、必ずまとめ役一人が必要です。そして、ALLが、まとめられた全体の人数を表します。それを形にすると、ピラミッドの三角形の姿になるでしょう。

 現通貨で構成された社会はこのピラミッドの姿になってきます。政府も、会社も、各団体もそうなってきます。

 そして、それが国際社会ではどうでしょうか?

 大きく分けると、絶対君主制(独裁制)の国と、民主制の国とに別れます。その国の長になるものが、その本人であれ、親子であれ、長く続くような国・・例えば北朝鮮などは絶対君主制になります。もし短期で長が交代される場合は民主制の国だといえます。

 これはまったく逆な制度にみえますが、その国を統制する力は同じ制度に見えてきます。

One for all・・一人はみんなのために

  これは民主制だといえるのではないでしょうか。「みんなのために」というのは「民衆のために」という意味であり、その一人は「代表者・・みんなから選ばれた」を指すといえると思えるからです。

All for one.・・みんなは一人のために

 これは君主制でしょう。君主のために民衆は生きると意味にもなるからです。
 みんなは「民衆は」であり、一人のためには「君主のために」行動すると言えるからです。

こうした力や意識が高まると、その国の結束力は高まってきます。それは、全体を重視した制度であるともいえます。

 そして、この現通貨制度におけるもっとも大きなモラルはこのOne for all. All for oneになってくると思うのです。

 そして、横の関係よりも、上下の関係を重視した制度にもなってきます。上の命令は絶対になってしまうのです。たとえ、民主制であっても、みんなで決めたルールは絶対になってくるのです。そうでないとその制度はくずれてしまうからです。民主制はまた多数決の論理になります。全体の合意が難しい場合は多数決になって、数の論理になるのです。そのため、その全体主義は多数主義だとも言えるでしょう。

 それに対して、1:1であるありがとう通貨制度では、1:多 または1:all でないために、上下関係はできません。横の関係だけが重視されます。しかも、横の結束もまた多数ではありませんので、私とあなただけの関係が重視されます。

 そのため、私とあなたの合意か、別意かだけが問題になるだけです。よく話の中で、「これは私とあなたの間であって、他の人は関係ありません」という場合が、これにあたります。その場合、他または多は見守るという観察者の役目をおうことになります。

 ありがとう通貨をどう使うかは二人の間で取り決めされ、ありがとう通貨を発行するのは、他者ということになります。そのため、ありがとう通貨を使う使わないは、他者は強制できません。他者は単にありがとう通貨の発行とその制度つくるだけです。どう使うかは二人の間では自由になります。

  例えば、Aさんが、Bさんに1時間依頼をしたら、BさんはAさんにありがとう通貨1時間支払うことをしなかったからといって、法律でBさんはAさんにありがとう通貨1時間支払いなさいと強制執行することはできないということです。

 あくまで、それは二人の間で話し合いがされることが基本になってくるシステムです。それ故に自由な通貨であるともいえるでしょう。

 この1;1の制度で造られた社会は、全体をほとんど意識しません。世界のために何かをするとか、国のために命を犠牲にするとかいう社会にはなりません。私はあなたのためだけに何かするかどうかの社会です。また、私は家族全体のために何かをするというものではありません。そこには、必ず、特定の相手一人のために行われる行為の連続にすぎません。

 そのため、自然社会のような社会ができ、全体をまとめようとは一切しない社会ができるようになります。

 私たちが生きやすくするためには、自由と強制とは両方必要でしょう。それ故に、現通貨とありがとう通貨を調和をもって使いこなすことで、弾力ある社会が築くことができると思えるのです。