自信を持って生きる

1.自灯明 法灯明

法灯明の法は現代では仏の教えの法ではなく実験と証明の科学であろう。

だが、科学は確率と推論と多数意見で社会を翻弄させ、現実的に不確実である。

自灯明の自は自分の信心である。

だが、自分を信じる心は成功によって生まれ、成功またずに生まれるものは自己暗示また他人洗脳である。

自分の成功は何度もあるというものではないし、一度も成功することもないことだってある。

はたして、どうやって自信を持って生きることができるのだろうか?

2.自信なんか必要ない

  • とにかくやってみる
  • どうなるか夢見る
  • 何度でもトライする
  • 何度やっても成功しなければ
  • 目的・夢を変えて
  • またやってみる
  • 何度でもやってみる
    この繰り返しをしながら
  • 死ぬまでトライしてみる

3、生まれ不平等・死なば平等

人は生まれながらにして、その環境と才能において不平等である。

だが、

ひとたび死んでしまえば、みな同じ土に帰ってしまい、平等である。

平等と公正をごちゃまぜにせず、

人の才能と環境を同じ立場にしての判断が公正な平等意識になる。

いわば、

生まれたときはみな上下関係のある神様だが、

死んだ時はみな上下関係のない仏様である。

4、生きるとは死ぬまでの一瞬の生き方

死に姿はみな同じ土に帰り

生き姿はみな違う個性ある命模様を輝かす

5、生きた結果でなく生きる過程に価値がある

動画