方向転換/Change direction

今年初めての満月の29日に近づいた。

そして、今回のプレゼン「自然なお金」を一か月かけて準備した。

また、出席メール希望は一件もない。

原因は広報しないことよりも、

魂ミーティング企画そのものが現実に無理だと気づいた。

It is approaching the 29th of the first full moon this year.

Then, I spent a month preparing this presentation “Natural Money”.

In addition, there is no request for attendance email.

The cause is more than not publicizing

I realized that the soul meeting project itself was impossible in reality.

現実的に私がこの企画を進めると、

通常の国際専門学会をオンラインで開催することと同じになる。

参加者は前もって、テーマに合わせたプレゼン原稿を提出する必要があり、

質問者はその前原稿を読んで聞く内容も準備できる状態である。

つまり、

学会そのものは顔合わせと質問がメインになる。

言葉の問題は、前原稿があれば、自動翻訳すれば理解できるものである。

学会においては批判も賛美もなく、単に発表がメインになり、どんな人がどんな研究をしているかそれを知ることである。

魂ミーティングは学会において実際に行われていると言っていいだろう。

Realistically, when I proceed with this project,

It is the same as holding a regular international conference online.

Participants must submit a thematic presentation manuscript in advance,

The questioner is ready to read and listen to the previous manuscript.

In other words

The conference itself is mainly about face-to-face meetings and questions.

The problem of language can be understood by automatic translation if there is a previous manuscript.

There is no criticism or praise at the academic conference, and the main thing is to make presentations and to know what kind of person is doing what kind of research.
It can be said that the soul meeting is actually held at the academic society.

そこで、今後は

プレゼンにたいする顔が見えるオープンコメントとして魂ミーテングを

気軽に開催することにする。

まず今月はZOOMミーテング利用してみて、1月29日の19時開催の30分前に

この新規投稿に招待状を送ることにする。

そして、ざっくばらんに魂ミーチングやお金について雑談をする。

参加者二名以内だと時間制限なしに、三名以上だと40分の無料時間制限がある。

この内容自体、あまり興味のある人は少ないし、自分の意見を広めたくもないので、

なるべく広報しないで、静かに、自分の研究に没頭できるようにしたい。

Now, in the future

Soul meeting as an open comment that shows the face to the presentation

I will feel free to hold it.

First of all, try using ZOOM Meeting this month, 30 minutes before the 19:00 on January 29th.

I will send an invitation to this new post.

Then, chat about soul meeting and money.

There is no time limit for up to two participants, and a 40-minute free time limit for three or more participants.

There are few people who are very interested in this content itself, and I do not want to spread my opinion, so

I want to be able to quietly immerse myself in my research without publicizing as much as possible.