真実不悟から自然な命の姿へ

23日は満月がよく見られ、24日は雲で満月がよく見えなかった。

オリンピックが始まり、ついついテレビをみてしまう。

オリンピックの面白さは、勝ち負けを争うゲームである。

だが、あまりにそれで夢中になって観戦していると、本来の

ともに生きる力を養うという意識ではなく、勝負にこだわる姿から、

弱肉強食、金メダルをえた人が偉いという意識が強くなる。

いかにともに生き抜く意識をしっかり持ち続けるかが

命ある人類が地球に生き残れるかが決まってくるだろうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です